原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG127-01
絵の内容 突然の黒い雨。「重油が降っている。焼夷弾が落ちてくるぞ」の声に右往左往し、橋の下に避難した。
作者名(カナ) 山本 茂(ヤマモト シゲル)
作者名(英語) YAMAMOTO Shigeru
当時の年齢 16歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/8/6、7
情景場所 三滝石橋西詰
情景場所旧町名 三滝町
情景場所現町名
爆心地からの距離 2,500m
ブロック別 三篠・祇園地区
作者の説明 **裏
山本 茂
**別紙(絵裏に貼付)
ピカッと後より光を浴びた 瞬間に駅の建物の下敷きになり、瓦礫の下より這い出て見れば、周りは 火の海であった。阿鼻叫喚 逃げ惑う人、死体累々と転がり、負傷者は助けを求め右往左往していた。逃げる道は 山手一つしかなく、西鉄橋を渡り、三滝観音の方へ逃げた。途中救護所にて治療を受けるも、薬 無く全ての治療 塩水にて完了し、軍の防空壕では 民間人は拒否され、北へ・・・・・・避難していった。
三滝参道手前に来たとき 一天俄かに掻き曇り、雨が落ちてきた・・・・・・・・・
顔に手を当てると手のひらが黒くなり・・・・・・・・・・・・・・・黒い雨・・・であった。後のほうで誰かが、“重油が降っているぞ”の声 改めて見ると周囲が黒くなっている。“焼夷弾が落ちて来るぞ”の声 それ!逃げろと皆 右往左往するも 隠れる所無く、木の影 畑のくぼ地に伏せ 身を隠していた。私は三滝石橋の 西側の橋の下に潜り込み避難した。
橋の幅一間半 橋下五尺の空間である。側の二人は船員で 汽車不通で廿日市より徒歩にて来たそうで、何度か市内に入ろうとしたが 火勢が強く入れず来たとのこと、宇品港まで行くと言っていた・・・・・・・・・・・・・・・
翌日8月7日午前9時頃まで・・・・・・・・・・・・腰かけていた場所の広さ
(奥行一尺~幅一間半)
足は水の中
平成14年6月3日
山本 茂
サイズ(cm) 26.8×38
展示の説明文 突然の黒い雨。「重油が降っている。焼夷弾が落ちてくるぞ」の声に右往左往するが、隠れる場所もなく橋の下に避難した。
絵/山本茂氏
1945(昭和20)年8月6日
爆心地から約2,500m 三滝石橋西詰
展示の説明文(英語) Sudden black rain. All around people started saying, "They're pouring oil on us. Soon the firebombs will come." There was no place to hide, so we went down under a bridge.
Drawing / Shigeru Yamamoto
August 6, 1945
Approx. 2,500m from the hypocenter
West end of Mitaki Stone Bridge

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941