原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG202-05
絵の内容 防火用水槽では十数人が折り重なっていた。幼児を胸に抱いて母親が絶命していた。
作者名(カナ) 中島 睦男(ナカジマ ムツオ)
作者名(英語) Mutsuo Nakajima
当時の年齢 20歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)10:00頃
情景場所 宇品一丁目
情景場所旧町名 宇品町
情景場所現町名 宇品
爆心地からの距離 4,500m
ブロック別 皆実・宇品地区
作者の説明 **別紙
宇品一丁目近所.
家々は宇品方向に倒れている
瓦が右側に寄り一部残っている
電線が垂れ下がり木片が散乱して歩きにくい.
水槽に十数人が折り重なって中を見ている?
幼児を胸に抱いて母親が絶命?している
20.8.6 AM10:00?
サイズ(cm) 25.6×36.2
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941