原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG224
絵の内容 家の前をケガやヤケドをした人々が安全な場所を求めて苦しそうに逃げて来た。
作者名(カナ) 内海 昭子(ウツミ アキコ)
作者名(英語) Akiko Utsumi
当時の年齢 16歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)8:35頃
情景場所 皆実町二丁目
情景場所旧町名 皆実町二丁目
情景場所現町名 皆実町
爆心地からの距離 2,300m
ブロック別 皆実・宇品地区
作者の説明 **裏
この絵は原爆が投下された約二十分過ぎくらい私の家の前の光景です。家は原爆投下地点より約2.3Kで皆実町二丁目です。比治山橋から南へ、まっすぐ宇品方面に行く途中の道です。
家の前を被爆した「ケガ」や「ヤケド」の夛くの人々が、安全の場所を求めて、苦しそうに逃げて来ました。そして前の「ドブ川」に三才ぐらいの女の子が爆風で飛ばされて、死んでいました。二人で遊んでいたのでしょうに、とっても可哀想でやりきれませんでした。
向いの二階建の家は投下六分ぐらいで大きな音を立て、くずれ落ちてしまいました。
内海昭子 73才
サイズ(cm) 27×37.8
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941