原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG024-11
絵の内容 広島駅に着き、市内を見ると、一面焼け野原となっていた。電車がさびた鉄骨に見えた。
作者名(カナ) 河野 一郎(コウノ  イチロウ)
作者名(英語) Ichiro Kono
当時の年齢 22歳
寄贈者名 芸北町原爆被爆者友の会
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/8/6 (時刻)正午過ぎ
情景場所 広島駅
情景場所旧町名 松原町
情景場所現町名 松原町
爆心地からの距離 1,900m
ブロック別 牛田・広島駅周辺地区
作者の説明 **絵の中
ツバメの死体が落ちており、黒焦げた新聞紙 雑誌等が目につきました。

広島駅に着いた。市内を見ると、一面の焼野原と化し、遠く霞んで見えたのが福屋だけ、電車が一輌サビた鉄屑に見えた。
サイズ(cm) 27.4×39.3
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941