原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG024-26
絵の内容 幼児を抱いたまま息絶えた母親、髪が焼けた娘さん、息のある人に水をくださいと足にすがりつかれた。
作者名(カナ) 河野 一郎(コウノ  イチロウ)
作者名(英語) Ichiro Kono
当時の年齢 22歳
寄贈者名 芸北町原爆被爆者友の会
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/8/6
情景場所 己斐から庚午へ行く途中
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離
ブロック別 己斐・草津地区
作者の説明 **絵の中
戦友を探して歩く中「水、水」とせがまれ途方にくれました。その後十日に妹婿とばったり会い生存を喜びあいました。

幼児を抱いたまゝ息たえた母親
髪の焼けてなくなった娘さん、生きている人びとは水を水を、と
足にさばってうったえてきたという。
サイズ(cm) 27.4×39.4
展示の説明文 「水を、水を」

己斐から庚午へ行く途中
1945年(昭和20年)8月6日
河野 一郎 (原爆投下時22歳、絵を描いた時79歳)

【作者のことばから】
 幼児を抱いたまま息絶えた母親、
 髪の焼けてなくなった娘さん、生きている人々は「水を水を」と足をつかんで訴えてきた。
展示の説明文(英語) Silently fleeing the flames

1,900m from the hypocenter
Misasa-hon-machi 1-chome (now, Misasa-machi 1-chome)
August 6, 1945
Mitsuko Yoshioka (18 at time of bombing, 48 at time of drawing)

[Notes from the artist]
A continuous line of men and women, adults and children, looking like nothing from this world, were fleeing the expanding flames. I couldn't hear any moaning or crying. It was like a line of lifeless people, not running or walking, just silently pursued by the flames without expression.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941