原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG279-03
絵の内容 気がつくと、着ていたものは破れて丸裸、家が焼ける音がする。下敷きになった人が助けを求めていた。
作者名(カナ) 山本 八重(ヤマモト ヤエ)
作者名(英語) Yae Yamamoto
当時の年齢 19歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/8/6
情景場所 土槁付近
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離 800m
ブロック別 十日市・中広地区
作者の説明 **絵の中
(3)土橋付近
たすけてー
死んでる親子
**別紙
その後どの位の時間が過ぎたのか全然わかりません。気がついた私は、持っていたものも着ていたものも皆破れてまる裸。あたりは真くらで何も見えない。人があちこち転がっている。少し目をすえて、見ると灰の中から家が焼ける音がする。火がみえる。下敷になった人が助けてーと叫んでいる。それはそれは、見たこともない状態で何も考えられませんでした。
私は足があった。裸だけど歩いてみようと人について行きました。どこをどう歩いたのかわかりません。乗っていた電車なんか、どこに行ったかわかりません。私は出口にいたので飛ばされたのでしょう。
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 気がつくと家が焼ける音がする。下敷きになった人が助けを求めている。既に死んでいる親子もいる。あまりの状態に何も考えることが出来なかった。
絵/山本八重氏
1945(昭和20)年8月6日
展示の説明文(英語) When I came to, I heard houses burning. Those trapped under them were calling for help. A mother and child were already dead. The situation was so overwhelming I couldn't even think.
Drawing / Yae Yamamoto
August 6, 1945

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941