原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード NG358-02
絵の内容 河原に逃げた人たちに黒い雨が降り出した。重傷の女性教師が献身的に生徒たちの世話をしていた。
作者名(カナ) 玉田 吉之助(タマダ キチノスケ)
作者名(英語) Kichinosuke Tamada
当時の年齢 13歳
寄贈者名
種別 市民が描いた原爆の絵(平成14年収集)
情景日時 1945/8/6
情景場所 東洋製罐広島工場近くの河原
情景場所旧町名 西天満町
情景場所現町名 天満町
爆心地からの距離 1,530m
ブロック別 十日市・中広地区
作者の説明 **絵の中
火の手が上り河原に逃げたが黒い雨が傷口を襲った
**裏
絵2
火の手が上り負傷した人々は次々と河原に逃げ、全身火傷で皮膚が脱がれた身体に火の粉混りの黒い雨が降り飛んで来る。
外で作業していた女子挺身隊の被害は特にひどく全員が表裏の区別のつかない程の重傷で悲鳴をあげ引卒の教師に水をせがんだ。最も重傷だった女教師は女子生徒に献身的に残る力をそそいでいた。
私たちも布団綿や水を運び手伝った。
玉田吉之助
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 火の手を逃れ、河原に逃れた負傷者たち。そこへ黒い雨が降ってきた。大火傷を負い、体を引きずりながらも若い教師が生徒たちの世話をしていた。
絵/玉田吉之助氏
1945(昭和20)年8月6日
爆心地から約1,300m 天満町
展示の説明文(英語) Injured people fled along the river to avoid the flames. Then, the black rain fell. A severely burned young teacher dragging her body along was doing her best to care for her students.
Drawing / Kichinosuke Tamada
August 6, 1945
Approx. 1,300m from the hypocenter Tenma-cho

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941