原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0118
絵の内容
作者名(カナ) 濱田 義雄(ハマダ ヨシオ)
作者名(英語) Yoshio Hamada
当時の年齢 26歳
寄贈者名 藤堂 清
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時
情景場所 横川駅の東
情景場所旧町名 横川町
情景場所現町名 横川町
爆心地からの距離 1,750m
ブロック別 三篠・祇園地区
作者の説明 **絵の中
広島市え原子爆弾が投下される前横川驛の東のつまり田舎に通ずる県道三篠の方に向い、そのすぐ北の場所鉄工所では陸軍の御用■造りを行なっていた事がはっきりその工場の所に南西の流れていた小川の中被爆の時野砲弾のシンカンらしいいたる所にこの川にころんでいた又その少々西は小川が少々広くなり、全く小さなハツエンウジ物がごっそりうもれていた。後朝鮮ドウランとなりいつとなくその物は無くなってしまった。そのほとんどの鉄工所は軍の仕事をしていたらしくあらゆる鉄工所はそのおもかげだった。
ハッカダン
野砲シンカン
サイズ(cm) 34×25.5
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941