原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0330
絵の内容 私の被爆状況
作者名(カナ) 尾崎 稔(オザキ ミノル)
作者名(英語) Minoru Ozaki
当時の年齢 13歳
寄贈者名 尾崎 稔
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/6
情景場所 南大橋東詰付近
情景場所旧町名 大手町九丁目
情景場所現町名 大手町五丁目
爆心地からの距離 1,700
ブロック別 国泰寺・千田地区
作者の説明 絵中「私の被爆状況(当時13才 尾崎稔)
警戒警報解除になったので、登校。鷹の橋の市の、公設魚市場の処に来た時、附近で『落下傘だ!!』と言う声を聞き、立ち止まって、左上空を見たが、何も見えなかった。その時、ピカッと光って、電気のスパーク、電光花火のような太い光線が降り注いできた。とっさに日頃訓練していたように路面に伏し、目と耳を塞いだ。但し、その時はすでに左顔面、背、左手一部等火傷していた。(当時原爆をピカ、ドンと言っていたが、私は”ドン”の記憶はない)」「登校中 校則白リボン、Yシャツ(白)、防空頭巾、地下足袋、ゲートル、教科書、ベントウ、名札」「雲一ツない日本晴『落下傘だ!!』」「(ピカッ!!)電光花火のような太い光線が降り注いだ。→静寂、暗闇。→スローモーション画像のように何か上から下へ降り降りている様子。」「被爆箇所。顔左半分火傷。この部分の肉がアゴまでズレ落ち後日ケロイド状になる。左手半分火傷。地下足袋のコハゼ部分火傷ケロイド状になる(両足)」「当時13才 H21年4月 77才書」
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 私の被爆状況
作者/尾崎稔氏
1945年(昭和20年)8月6日 
爆心地から約1,900m 南大橋東詰付近
作者のことばから:「ピカッと光って、電気のスパーク、電光花火のような太い光線が降り注いで来た。とっさに日頃訓練していたように路面に伏し、目と耳を塞いだ。但し、その時はすでに左顔面、背、左手一部等火傷していた」
展示の説明文(英語) My experience of the A-bombing
Drawn by Minoru Ozaki
August 6, 1945
Approx. 1,900m from the hypocenter Near the east end of Minami-ohashi Bridge
Artist's comments:
“When I saw the flash and electric sparks, a thick ray, like electric light fireworks, shone on me. I instantly lay flat on the ground and covered my eyes and ears as I had trained to do. However, I had already sustained burn injuries on the left side of my face, my back and a part of my left hand.”

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941