原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0333
絵の内容 猛火の中を綱を取り合い脱出してきた親子
作者名(カナ) 藤岡 久之(フジオカ ヒサユキ)
作者名(英語) FUJIOKA Hisayuki
当時の年齢 12歳
寄贈者名 藤岡 久之
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/6 (時刻)午前11時ごろ
情景場所 薬研堀~鶴見橋付近
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離 1050~1400m
ブロック別 銀山・幟地区
作者の説明 絵の中:№1 薬研堀 
絵裏面:鶴見町 猛火の中を"ツナ"を取り合い冷静に脱出してきた"親子" 8/6AM11:00位?
別紙:薬研堀№1 8/6AM11:00頃? 薬研堀~鶴見町附近 県庁方面へ通り抜けようとしたが、火災が激しく鶴見橋へ折り返す途中、大声で泣きながら親子らしき連れが走ってきた。怪我も少しあった様だ。「どこへ行くのー?」と云ってもただ泣く、そのまま走っていった。その後、火災はますます広がり大きな火となった。人影はほとんど見えなくなった。
サイズ(cm) 38×54
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941