原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0336
絵の内容 大手町国民学校校庭。朝礼中に被爆し、焼死した生徒たち
作者名(カナ) 藤岡 久之(フジオカ ヒサユキ)
作者名(英語) FUJIOKA Hisayuki
当時の年齢 12歳
寄贈者名 藤岡 久之
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/7 (時刻)午前7時頃
情景場所 大手町国民学校
情景場所旧町名 大手町八丁目
情景場所現町名 大手町四丁目
爆心地からの距離 1,000m
ブロック別 国泰寺・千田地区
作者の説明 絵の中:大手町国民学校№1
絵裏面:8月6日大手町小学校校庭、朝、朝礼時、一瞬の爆風で吹き飛ばされて鋭い熱線を浴び 火災で黒焦げに 顔の原形もない
別紙:8/7AM7:00頃 大手町八丁目 大手町国民学校朝8時15分 朝礼の時間、1年、2年、3年生全員校庭に整列していた時に被爆。全員火傷。校舎の火災で焼死。整列した前方、後方の生徒は、爆風で吹き飛び焼死。3年生以上比婆郡へ集団疎開。
サイズ(cm) 38×54
展示の説明文 大手町国民学校
作者/藤岡久之氏
1945年(昭和20年)8月7日午前7時頃
爆心地から約1,000m 大手町八丁目(現在の大手町四丁目)
作者のことばから:「朝8時15分 朝礼の時間、1年、2年、3年生全員校庭に整列していた時に、被爆。全員火傷。校舎の火災で焼死。整列した前方、後方の生徒は爆風で吹き飛び焼死」
展示の説明文(英語) Otemachi Elementary School
Drawn by Hisayuki Fujioka
August 7, 1945, around 7:00 a.m.
Approx. 1,000m from the hypocenter Ote-machi 8-chome (now, Ote-machi 4-chome)
Artist's comments:
“At 8:15 a.m. when lining up in the schoolyard during morning assembly, all the first-, second- and third-year students were exposed to the bomb and sustained burn injuries. Some were burned to death due to the fire in the school building. Students who were at the front or back were blown away by the blast and burned to death.”

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941