原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0338
絵の内容 広島市役所付近での遺体回収
作者名(カナ) 藤岡 久之(フジオカ ヒサユキ)
作者名(英語) FUJIOKA Hisayuki
当時の年齢 12歳
寄贈者名 藤岡 久之
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/10
情景場所 広島市役所付近
情景場所旧町名 国泰寺町
情景場所現町名 国泰寺町一丁目
爆心地からの距離 1,020m
ブロック別 国泰寺・千田地区
作者の説明 絵の中:広島市役所付近 死体回収
別紙:死体回収 8/10 被爆後 鷹の橋 大手町国民学校 山中高等女学校 8/6被爆後、市内至る所に死体が放置され、処理が遅れている模様。8/10頃より軍のトラックが死体回収に動き出した。死体の積み込みは、鳶口という道具で差し込み、“1,2,3”と声をかけてトラックに投げ込む。悪臭が漂う。「ああ、可哀想!」「惨たらしい!」その作業を見守る被災者の心境は?
サイズ(cm) 38×54
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941