原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0300
絵の内容 己斐峠から見た市内の様子
作者名(カナ) 上野 求(ウエノ モトム)
作者名(英語) UENO Motomu
当時の年齢 16歳
寄贈者名 上野 求
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/6
情景場所 己斐峠
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離
ブロック別 己斐・草津地区
作者の説明 己斐峠から見た市内の様子。上野求さん(当時16歳)は、南観音町の三菱重工業の工場で被爆。ピカーッと長く光った瞬間、爆風でバッと6,7メートル飛ばされ、踵と背中を負傷した。周りも皆負傷し、ある者は倒れ、ある者は必死に逃げていた。物凄い煙が上がり、何が何だか分からないまま、実家のある久地へ仲間と一緒に帰ることにした。途中の南観音町では無事な家はなく、潰れた家の下敷になって多くの人が助けを求めていた。あちこちに火の手が上がり、けが人があちこち倒れ、この世の地獄だった。旭橋を渡り、いつの間にか己斐峠に着いた。市内は火の海で、しばしそこから見つめていた。ようやく実家にたどり着き、家族や近所の人と無事を喜んだ。翌朝、市内から随分離れた久地でも大きなトタンが飛ばされていて、山や田は飛ばされて来た焼けた紙くずで白くなっていた。
サイズ(cm) 15.6×21.3
展示の説明文 己斐峠から見た市内の様子
絵/上野求氏
1945(昭和20)年8月6日 己斐峠
上野求さん(当時16歳)は、爆心地から4キロメートル離れた工場で被爆。逃げる途中、街は火の手が上がり、潰れた家の下敷きになった多くの人が助けを求めていました。己斐峠から市内を見ると、街は火の海でした。
展示の説明文(英語) View of Hiroshima City from Koi Pass
Drawn by Motomu Ueno
August 6, 1945 Koi Pass
Motomu Ueno (then, 16) was exposed to the bomb at a factory 4 km from the hypocenter. As he was fleeing, he saw the city burst into flames and many people crying for help being crushed under collapsing houses. Seen from Koi Pass, the city was a sea of flames.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941