原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0332
絵の内容 1945(昭和20)年8月6日午前8時20分頃の光景
作者名(カナ) 上野 求(ウエノ モトム)
作者名(英語) UENO Motomu
当時の年齢 16歳
寄贈者名 上野 求
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/6 (時刻)午前8時20分頃
情景場所 三菱重工業の工場
情景場所旧町名 南観音町
情景場所現町名 南観音町
爆心地からの距離 4,500m
ブロック別 吉島・舟入・観音地区
作者の説明 被爆した瞬間、爆風で体ごと吹き飛ばされ、防空壕に避難する様子。上野求さん(当時16歳)は、南観音町三菱重工業の工場で被爆。強烈な閃光を浴びた直後、爆風で5,6メートル吹き飛ばされた。工場内の防空壕前あたりまで吹き飛ばされており、すぐに防空壕に飛びこんだ。しばらくして外に出てみると、ものすごい煙が上がり、江波山の向こうは火の海だった。
サイズ(cm) 11.5×14.5
展示の説明文 被爆した瞬間
作者/上野求氏
作者のことばから:「江波山の向こうは火の海に見えました。すごい煙。何が何だかさっぱり分かりません。何に例えたらよかろうか、夢のようでした」
展示の説明文(英語) The moment of the A-bomb explosion
Drawn by Motomu Ueno
Artist's comments:
“Beyond Ebayama Hill it looked like a sea of flames. The area was enveloped in thick smoke. I was totally baffled by the situation. What could I compare to this situation? It was like a dream.”

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941