原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0285
絵の内容 倒壊した梁にはさまれた二人の男性。
作者名(カナ) 杉本 信夫(スギモト シノブ)
作者名(英語) Shinobu Sugimoto
当時の年齢 18歳
寄贈者名 杉本 信夫
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/6
情景場所 東洋製罐株式会社
情景場所旧町名 西天満町
情景場所現町名 天満町
爆心地からの距離 1530
ブロック別 十日市・中広地区
作者の説明 東洋製罐株式会社。木造だった会社は倒壊し、落ちた梁に二人の男性が挟まれていた。一人は頭部を挟まれて血を流し、もう一人は手首を挟まれていたが、火が廻り助けることができなかった。4~7日後、会社に残務整理に行ったところ、頭を挟まれていた方の男性はどうにか助かっており再会できたが、手首を挟まれていた男性は、手首だけを残して白骨の遺体になっていた。
サイズ(cm) 36.3×51.5
展示の説明文
展示の説明文(英語)

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941