原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0339
絵の内容 被爆から5日後、男性の遺体にウジ虫がわいている
作者名(カナ) 藤岡 久之(フジオカ ヒサユキ)
作者名(英語) FUJIOKA Hisayuki
当時の年齢 12歳
寄贈者名 藤岡 久之
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/10頃
情景場所 鷹野橋交差点付近
情景場所旧町名
情景場所現町名
爆心地からの距離 1,250m
ブロック別 国泰寺・千田地区
作者の説明 絵の中:蛆虫
絵裏面:8月10日 被爆後5日目 タカノ橋交差点で死亡していた男性 腹が大きくふくれて、顔面、目、鼻、口にウジ虫がわき、その虫が路上へ落ちる
別紙:蛆(うじ)虫 8/10頃 鷹の橋交差点辺りは沢山の死体が 国泰寺 広島県立一中、山中高等女学校、大手町国民学校、腐敗がかなり進行。死体からは目、鼻、口より蛆が発生。蛆は体内へ、体外へと、悪臭と共に動く漂う、体にぐるりとまとわりつく 被災者は鼻をつまんで目を閉じて行く。
サイズ(cm) 38×54
展示の説明文 蛆虫
作者/藤岡久之氏
1945年(昭和20年)8月10日頃
爆心地から約1,250m 鷹野橋交差点付近
作者のことばから:「死体からは目、鼻、口より蛆が発生。蛆は体内へ、体外へと、悪臭と共に動き漂う、体をぐるりと回りつく」
展示の説明文(英語) Maggots
Drawn by Hisayuki Fujioka
Around August 10, 1945
Approx. 1,250m from the hypocenter Near Takanobashi Intersection
Artist's comments:
“Corpses were swarming with maggots in people's eyes, noses and mouths. The maggots were crawling in, out of, and around all the bodies with an offensive odor.”

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941