原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0326
絵の内容 命の氷
作者名(カナ) 尾崎 稔(オザキ ミノル)
作者名(英語) Minoru Ozaki
当時の年齢 13歳
寄贈者名 尾崎 稔
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/6
情景場所 宇品駅付近
情景場所旧町名 宇品町
情景場所現町名 宇品海岸三丁目
爆心地からの距離 4,790m
ブロック別 皆実・宇品地区
作者の説明 修道中学校2年生の尾崎稔さん(当時13歳)は、水泳部の練習日だったため、通っていた修道中学校へ向かっていたところ、南大橋の「魚市場」(現・広島消防局付近)で被爆。顔の左側から背中にかけてやけどを負った。その後、市内にやってきた救援バスに乗り、終点の宇品駅で下車。そこから電車沿いに凱旋館の方へ避難中、氷屋のおじさんが氷を路上に並べ、割り砕いて与えてくれた。
サイズ(cm) 27×38
展示の説明文 命の氷
作者/尾崎稔氏
1945年(昭和20年)8月6日 午前10時~11時頃
爆心地から約4,790m 宇品電停付近
作者のことばから:「避難途中、多くの人がノドが渇き水を求めていた。終点前の氷屋の小父さんが氷を路上に出し、砕いてみんなに与えてくれた。これは本当に有難かった。これこそ!!命の氷だった。感謝しております」
展示の説明文(英語) Ice of life
Drawn by Minoru Ozaki
August 6, 1945, around 10:00-11:00 a.m.
Approx. 4,790m from the hypocenter Near the Ujina streetcar stop
Artist’s comments:
“As they made their way evacuating from the disaster, many craved water from desperate thirst. A gentleman from an ice shop in front of the terminal put ice on the road, crushed it into pieces and gave the pieces to everyone. That was truly helpful. It was real ice of life! I owe him a debt of gratitude.”

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941