原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0403
絵の内容 百人くらいの避難所で、皮をむかれ、白魚を並べたように、苦しみ続けている負傷者。焼けただれた男性が「その帯剱で殺してくれ」といって足に抱きついて離さない。
作者名(カナ) 上里 四九郎(アガリ シクロウ)
作者名(英語) Shikuro Agari
当時の年齢 29歳
寄贈者名 匿名
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8/6
情景場所 三滝の竹藪
情景場所旧町名 三滝町
情景場所現町名
爆心地からの距離
ブロック別 三篠・祇園地区
作者の説明 生まれて初めてみる光景であった。百人くらいの避難場所で、皮をむかれ、白魚を並べたように、しかも苦しみ続けている、不思議なことに頭髪は焼けていない。何をかぶっていたのだろう。何を着ていたのだろう?。この身体で、どうやって此処迄集まって来たのだろう。何とも不思議であった。全身焼けただれた男性が私の足に抱きつき、「兵隊さんその帯剱で殺してくれ頼む」と云って離さない。抱きついた腕の皮膚が私の靴とゲートルに引っかかりビニールの破れがへばりついたようになった。 
サイズ(cm) 734×91.7
展示の説明文 兵隊さん殺してくれ
8月6日 三滝の竹やぶ 
作者/上里 四九郎氏(当時29歳)
寄贈/上里 紀美枝氏
<作者のことばから>
生まれて初めてみる光景であった。百人くらいの避難場所で、皮をむかれ、白魚を並べたように、しかも苦しみ続けている。この体でどうやってここまで集まってきたのだろう。全身焼けただれた男性が私の足に抱きつき「兵隊さん殺してくれ、頼む」と言って離さない。抱きついた腕の皮膚が私の靴とゲートルに引っかかりビニールの破れがへばりついたようになった。
展示の説明文(英語) "Soldier, please kill me."
August 6 Bamboo grove in Mitaki
Drawn by Shikuro Agari (then, 29)
Donated by Kimie Agari
<Notes from the artist>
It was the first sight I'd ever seen. Hundreds of people, skin stripped, looking like a line of white fish in the evacuation center, their suffering continuing. I wondered how they managed to get here in their conditions. A man with burns all over his body grabbed hold of my legs, begging me to kill him. He wouldn7t let go and the skin of his arms got caught on my shoes and gaiters, clinging like a piece of ripped plastic.

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941