原爆の絵

資料の使用等について

資料の使用等をご希望の方はこちらをご覧ください。

資料詳細

識別コード SG-0416
絵の内容 校庭で友達を焼いた日
作者名(カナ) 切明 千枝子(キリアケ チエコ)
作者名(英語) KIRIAKE Chieko
当時の年齢 15歳
寄贈者名 今石 元久
種別 新市民が描いた原爆の絵(その他)
情景日時 1945/8
情景場所 県立広島第二高等女学校
情景場所旧町名 宇品町
情景場所現町名 宇品東一丁目
爆心地からの距離 3350
ブロック別 皆実・宇品地区
作者の説明 別紙
亡くなった下級生や同級生たちの遺体は校庭に集められ、ドロドロの真っ黒な油をかけて焼かれた。ゴォーッという炎に包まれて遺体が燃え上がるのを、生き残った者たちは見ていた。先生に「見るな」と言われたが、震えが来た体は金縛りにあったようになり、見たくなくても目が勝手に見てしまう。燃えつきた後、標本のようになった骨格を見たとき、金縛りが解けた。その時、初めて涙が出た。泣きながら、みんなでお骨を拾った。「お国のために命を捧げたんだ」と自分を納得させながらも、変わり果てた娘の姿に号泣する母親や父親。その気持ちが痛いほどわかって、千枝子さんの胸は張り裂けそうだった。(2003年発行「ゲンバクの日 ぼくたちは10代だった」より)

絵中
校庭で友達を焼いた日 1945年8月
サイズ(cm) 21×29.6
展示の説明文 校庭で友達を焼いた日
画/切明千枝子氏  寄贈/今石元久氏
1945年(昭和20年)8月
爆心地から約3,350m 宇品町(現在の宇品東一丁目
作者のことばから
亡くなった下級生や同級生たちの遺体は校庭に集められ、ドロドロの真っ黒な油をかけて焼かれた。ゴォーッという炎に包まれて遺体が燃え上がるのを、生き残った者たちは見ていた。先生に「見るな」と言われたが、震えがきた体は金縛りにあったようになり、見たくなくても目が勝手に見てしまう。燃えつきた後、標本のようになった骨格を見たとき、金縛りが解けた。その時、初めて涙が出た。泣きながら、みんなでお骨を拾った。「お国のために命をささげたんだ」と自分を納得させながらも、変わり果てた娘の姿に号泣する母親や父親。その気持ちが痛いほど分かって、千枝子さんの胸は張り裂けそうだった。(2003年発行「ゲンバクの日 ぼくたちは10代だった」より)」
展示の説明文(英語) The day my friends were cremated in the schoolyard
Drawn by Chieko Kiriake Donated by Motohisa Imaishi
August 1945
Approx. 3,350m from the hypocenter Ujina-machi (now, Ujina-higashi 1-chome)
Notes from the artist:
The corpses of her classmates and the younger students were gathered in the schoolyard, covered in thick black oil, and then cremated. The surviving students looked at the corpses enveloped in the roaring flames which rose higher. Her teacher told them not to look, but the trembling students were spellbound with their eyes involuntarily returning to a sight they had no desire to see. Once the flames had died down and they could see the skeletons like science class models, it was as if the spell had been broken. That was when they started to cry. As they cried, they all started to pick up the bones. Mothers and fathers, reassuring themselves that their children died for the country, wailed at the sight of their unrecognizable children. Understanding their pain all too well, Chieko's heart was breaking. (From On August 6th We were Teenagers [2003])

被爆資料写真原爆の絵美術品についてのお問い合わせ先

広島平和記念資料館 学芸課


電話:082-241-4004 FAX:082-542-7941